いまお使いのメガネは快適ですか?

視力低下や眼の疲れでお悩みではありませんか?

車の運転やスポーツ(特に球技)などで距離感がつかみにくいことはありませんか?

アイランドでは、少しでもメガネを快適にお使いいただくために、少しでも眼の疲れを減らすために、 少しでもコンタクトに対する認識を深めていただくために、 さまざまなご相談をお受けして、その対策をご提案しております。

特に、視力・両眼視機能(二つの眼でものを上手に正確に捉える働き)の向上と悪化防止を考慮して、 眼の負担を少しでも減らす眼の使い方や視力トレーニングのご提案、そのために必要なメガネの作成、 コンタクトのご提案など、大切な眼を守るためにさまざまなご提案をしている完全予約制の視力の相談室です。

また、このホームページはアイランドの入り口として一般的な情報を掲載しております。
より詳細な情報はご来室時に説明させていただいておりますので、 一度でもご来室いただければ、視力・視覚機能・メガネ・コンタクトについての知識を深めていただけると思います。

アイランドではすでにご利用いただいている方とこれからご来室いただける方だけに、できる限りの知識と技術を提供しておりますので ご自身やご家族の眼を大切にしたい方は、ご検討・ご来室いただければ幸いです。

強度近視・強度遠視・プリズム用のメガネについて視覚機能について子供用メガネについて

※ご注意:アイランドには支店およびインターネットショップはございません。 また、一部にご覧いただけない箇所がございますので予めご了承ください。

このホームページは文字数が多いので興味のある方は印刷するか大きな画面でご覧ください。


パソコンは、画面を反転させると眼にやさしくなります。Windowsをお使いの方はお試しください。WordとExcelには お勧めです。 また、同時に画面の明るさを少し落としていただくとより眼にやさしくなります。 (ただし、室内の照明の程度により明るさは調整してください)

設定の仕方は、「スタート」から「コントロールパネル」をクリックして、 「デスクトップのカスタマイズ」をクリックしてください。 次に「個人設定」をクリックして、「ハイコントラスト黒」を選択すれば設定完了です。

人間の眼は光を見ているので、黒い文字だけを見ることはできません。 それは、黒い文字は光ではなく影なのです。 たとえば、白い背景の中の黒い文字を見ている場合、文字のまわりの白い背景を網膜に写し出して、 そこにできた黒い影を認識しています。 黒い文字を見るために、網膜は膨大なエネルギーを消費しているのです。

それとは反対に黒い背景に白い文字の場合、白い文字の表面積だけ網膜に写しますので、 黒い文字を見ることに比べれば、はるかに少ないエネルギーで済みます。 ただでさえスマホやパソコンやテレビの視聴は、非常に眼のエネルギーを使いますので、 日頃からできるだけ眼の負担にならないように工夫をすることも大切です。

ただし、眼の状態や使用環境によっては、 「ハイコントラスト黒」にすると通常の画面よりも見づらくなる場合もありますので、 その場合は元の設定に戻してください。

また、そのような設定をしても長時間に渡り、 画面を見続けること自体が眼にやさしいことではないので、 出来る範囲で眼の負担を軽減するようにしていただければ幸いです。